西酒造麦焼酎。個人的な好みとしては、麦の青臭さが少しくらいあってもえぇねんけどな…。普段から安い焼酎!たまにいいちこを飲んでいる父。

下記の商品です!

2018年01月06日 ランキング上位商品↑

プレゼント一粒の麦25度1800ml 【西酒造】(麦焼酎 一粒の麦 むぎ焼酎 麦 内祝い 鹿児島県 お酒 還暦祝い お返し 焼酎 退職祝い 開店祝い 手土産 定年退職 九州 ギフト 誕生日プレゼント 有名 お礼 焼酎のひご屋)

詳しくはこちら b y 楽 天

美味しさも大事だけど、量もあった方がいいな…と価格的にも今の私にはちょうどよかったのはこれ。。選択に間違えなかったです。いかにも「麦の一粒一粒を大切にして作っています」という蔵の姿勢が味覚を通して伝わってくる一品です。毎晩晩酌しています。父から連絡があり、とても嬉しかったらしく、そして、せっかくだから私たちの帰省の際、主人と一緒に飲みたいとのことで、手をつけずにとってあるとのことでした。セール中なのに今日届くみたいです☆父はこれしか呑まないので!!この焼酎はとても美味しいしのみやすいみたいです☆助かりました!またリピートさせてもらいます!!麦焼酎好きの父へ「父の日」のプレゼントで購入。おいしいですもうこれで何回目になるかわかりませんが、この商品なら間違いなく喜ばれます。おいしいお酒で人気があります。けど!この旨さでこの値段なら!納得です。美味しいお酒で人気があります。旦那さんのお気に入りのお酒です。今でこそ冷凍技術が発達したので一年中芋焼酎を生産することも可能ですが、芋を冷凍しておくのにはコストがかかりますし(グラム当たりの単価が生の芋の倍になってしまいます)、未だに「冷凍?そんなもの使ってられるか!」という昔気質のお蔵さんや杜氏さんもいらっしゃいます・・・。そんなこんなで昔から鹿児島で麦焼酎は作られていますし、今でも「え?あの超有名な○○酒造さんが大分の○○○○(平仮名四文字)を作ってるの!?」というケースもあります。普段あまり芋ばかりで麦は飲まないのですが、西酒造さんの麦焼酎ということで注文しました。麦焼酎の本場・大分のものと比べると!特にまろやかさやなめらかさが際立っていることがおわかりいただけると思います。伯父のプレゼントに購入。焼酎を飲んだことのない私にとって、どれが美味しいのかわからず、長いこと悩んでいました。クセが無いんで!レモンや梅干しを入れずとも!お湯割りで充分呑みやすくなります(ま!好みでしょうけど…)。麦焼酎好きな父に。そして!スーパーではうってない…となるとこれでしょう!となりこちらを。私自身は!授乳中なので一緒に味わうことは出来ませんが!とても喜んでくれてよかったです。セール中だったので!時間かかるかな〜と思っていたら発送日などが書かれたメールが届いてとても親切だし!安心できました。おすすめの1本です。芋焼酎が多い鹿児島では珍しいらしい麦焼酎。鹿児島の高い醸造技術(たぶん世界ナンバーワンでしょう)を眠らせておくのは勿体無いですし!そもそもそういう『桶売り』というのは産地偽装でもなんでもなく!正式に昔から行われているシステムなのです。その日の内に発送をして頂き!2日後には届きました。おすすめの商品です。わからないアナタは、即・購入すべし!え?鹿児島で麦焼酎?・・・そうなんです、鹿児島でも麦焼酎は作られています。初めてそういう話を聞いた時は驚きましたけれどね・・・。名門酒造・西酒造の一粒の麦焼酎は価格の割に口当たりがひじょに良いお酒です。おすすめです。いつものように買いに行くと売ってない!!慌ててこちらで注文させていただきました。地元では置いている酒屋さんが無く、初めて頼みました。次に米焼酎が好きと言っていた。いつも父の為に酒屋さんで購入していました。飲みやすく気に入っています。いつも同じ銘柄しか飲まないので!違う焼酎を飲めることで喜んでいるようです。とても喜んでもらえたので、また何かの際には購入させてもらいたいと思います。また、ラッピング・連絡などとても親切に対応していただき、商品到着も早かったです。米焼酎のようなクセの無さと、麦焼酎ならではの甘さで、美味しい焼酎です。美味しいですが、麦焼酎は芋より人気は劣ります。この価格でこのお味ならば次回もリピートを願っております。おいしい焼酎で人気があります。むしろ、結構盛んに作られています。芋の最盛期(8〜11月)を除くと製造設備の稼動が落ち込んでしまうため!その期間に稼動を上げるために麦焼酎はかけがえのない存在です。麦の中では中々に続くお気にいりです。珍しいもの好きな私。鹿児島ファン、芋焼酎ファンの皆さん、こちらもいちど試してみて下さい。鹿児島で作られている麦焼酎は他にもいくつかありますが、この『一粒の麦』はいかにも西酒造さんらしい味わいに仕上がっています。ご存知『富乃宝山』の西酒造さん渾身の麦焼酎!!・・・といきなり力をこめて叫んでも!きっとわかる方にはわかるはず。これに行き着く前は!「中々」や「兼八」!米焼酎の「鳥飼」なども候補に挙がっていました。